News お知らせ・コラム
  • 竹中亜由美

パンを焼く日々


こんにちは。ご機嫌いかがですか。

ダルサナヨガの竹中です。

お仕事をされていても、ずっとお家で過ごしていても、

この日々にはみなさん何かしらを感じていらっしゃることと思います。

新緑が山や街を彩りはじめましたね。本当に、私たちに元気をくれる色です。

私たちの活動が減っているためなのか、心なしかいつもより空気も澄んでいる気がしませんか…?なんて。

さて、私は昨年の夏から食事を菜食にしました。

簡単に説明すると、菜食は動物由来のものを食べない食生活のことです。

今日はその理由は割愛しますが、菜食になりちょっとだけ困ったことがありました。

「パンが買えない。」

専門店に行けば何かしらはありますが、やはり今までのようにはいきません。

そこで、自分で焼くことにしました。

丸いちっこいパンですが、すっごく簡単で美味しいのでおすすめです。

今日は、そのレシピをお届けします。

アニマルフリーで、地球にも体にも優しいパンですよ♪

週末に焼いてみてはいかがでしょうか。

「かんたんつくりおきパン」

<材料>

A:豆乳 200㎖

  水  80㎖

  ドライイースト 3g

B:強力粉 400g

  砂糖  20g

  塩   6g

C:植物油 20g

<作り方>

1.Aの豆乳・水を合わせてレンジで人肌に温める。そこにイーストを振り入れ、なじませる。

2.Bをボウルに計量する。(イーストがなじむのを待っている間にやる。)

3.BにAを流し込み菜箸でぐるぐるかき混ぜる。まとまってきたら手でまとめていく。

4.ベタベタの手の上から植物油をかけてこね始める。ツヤツヤになるまでよーくこねる。

5.ボウルにラップをかけて冷蔵庫の中で一晩おく。(私たちも寝る。)

6.翌朝起きたら(1.5倍くらいにふくらんでる!)、食べる分だけ切り出してオーブントースター180度で8~10分くらい焼く。

※私はノンフライヤーで焼いています。調理器具やメーカーによって温度や時間は調整しながら焼いてみてください。

※生地は冷蔵庫で数日もちますが、私はまとめて焼いて冷凍保存しています。

※植物油はオリーブオイルとか米油なんかを使っています。

※あんまり大きく切り出すとなかなか中まで焼けないので、10等分くらいの大きさにして焼くといいと思います。

ちなみにこちら、冷凍したパンをせいろで1~2分蒸すとこんなにプリンプリンになります。

中もモッチモチで、竹のせいろの香りもほんのり移ってすっごくおいしいです。

そして、このパンは強力粉の半量を全粒粉にしました。ご自分でいろいろアレンジできますよ。

外見からも予測がつくと思いますが、だいぶむっちりしたパンです。食パンのような軽やかさはありませんので、ご注意くださいませ。

ダルサナオーナーのみずえ先生から「グルテンなしで焼けないかナァ…」というリクエストもあったので、

米粉100%でもチャレンジしてみました。実は、こちらはもっと簡単につくれます。

分量は、米粉220g、塩3g、砂糖大さじ2、ドライイースト3g、豆乳160㎖、植物油20g、です。

4の工程まで進んだら、すぐ焼きます。それでOKです。

米粉100%の生地は長い時間置くとボソボソになるのでさっさと焼いてしまうことをおススメします。

…なんだか、イーストって、発酵って、何だろう…と思ってしまう程かんたんで、拍子抜けました。

こちらはカレーと一緒に食べてもおいしいです。

ところで、せいろを干すときは、わが家はキッチンカウンターの上に引っ掛けています。

せいろって、見た目もカワイイのでいつも目に入る場所にあるとなんかうれしい。。。

凝ったパンではありませんが、なかなかおいしいと思いますよ。

私のような素人でも、クッキーを焼いたり、ご飯を炊いたりする感覚で作ることができます。

「パン作りって、ハードル高いよね…」と思っている方にも大変おススメです。ぜひお試しくださいませ。

それではよい週末を☆


Focus,Breath,Relax

DARSANAYOGA

​