top of page
news
News お知らせ・コラム

65歳からの月イチ「ごほうびヨガストレッチ」




こんにちは。竹中です。



やばい。2月が秒で終わりました。





ダルサナヨガでは今年から、



「月に一度のごほうびヨガストレッチ」というクラスを始めました。↓↓↓



ホラ!チラシもかわいくできました〜♡




お父さんお母さん、おじさんおばさん近所の人やお友達など、身近にご興味をお持ちの方がいらっしゃいましたらぜひおすすめしていただけると嬉しいです。(でも無理やり連れてこないでね笑)





ダルサナヨガでは、



ヨガのカッコいいポーズにこだわるというよりは、

みなさんの日常に痛みがない、痺れがない、ダルさがない、スタジオに来るのが楽しみ、仕事に行くのも心が軽い…といった、



心身の快適さや心地よさを目指しています。





筋トレもストレッチもいいけれど、ほぐれた体でなければ動かしたいところも動かないし、



ヨガの「なにやらされてんの?」とつい思ってしまうような奇妙な姿勢も、動かない体だとその素晴らしさをなかなか落とし込めません。ケガもしやすくなりますしね。





結局いつも私たちがお客様から訴えられるのは、


カッコいいポーズを覚えたいという要望ではなく、



膝が痛い、腰が痛い、背中が痛い、腕が上がらない、首が痛い、肩こりがひどい、お座りができない、足が冷える、むくむ、病院で「老化だから仕方ない」と言われてくやしい…


というようなことです。



みんなが本当に解決したいのはそこなんですよね。





でもまずは、


体は生きているのだから動かしてなんぼです。




「ご飯を半年間みっちり食べたらその先はもう何も食べない」なんて人はいないように、



運動も、適切に継続してやらなければ効果はあまりありません。




続けるのが大変だという人はたくさんいますが、そういう人たちもご飯は毎日食べ続けているのでしょうから、運動だって続けられる方法が何かしらあるんじゃないかと思って私は日々研究しています。




ということで、



ダルサナヨガでは、「ごほうびヨガ」に限らず全てのクラスで"みなさんの日常を快適に"を目指しています。



機会がありましたらぜひぜひご利用くださいませ。



ハイ、長い宣伝でした。






さて、


そういうわけで、私はこれまでより一世代上の方たちとのお付き合いが始まりました。




2階のスタジオまでの(わりと)急な階段を上る、ガッツある生徒さんのお言葉には説得力があります。




先日は、「成果なんて気にしないでやりたいことはなんでもやるべき。中途半端になったっていいんだから。75年なんてあっというまだったわ!」と断固たるシニアの主張を伺い、かえって励まされました。




でもな、でもな、と尻込みすることは多々ありますが、


それは自分の思い込みがさせているだけなんだよな、とりあえずやってみるのが大事かな!と今は思います。



今のようにいろんなことが世界単位で変化するときなら、ちょっとした失敗などはうやむやにできてごまかしやすいからいいタイミングかもしれない笑。



最近、生徒さんたちとお話していると「好きなことが仕事にできないかな」なんて、前向きな明るい言葉が出てきたりします。



そう。


もう今の世の中は普通に「副業オッケー」なんですよね。たった数年でホントに変わりましたね。




世の中の大きな流れを受け入れて波に乗れるのは、自然と調和している証拠だと思います。




自然との調和は、ライフスタイルを整えることからはじまりますよ。



睡眠、食事、運動、楽しみ、です。


バランスよくいきましょう♪





みなさんも、ステキな春をお迎えくださいね!



確定申告が終わったとたん、そそくさと楽しみに没頭する私。



次の日にはもう完成です。


夢中になるといつもこう。

今日から3日間は休まないと右半身がちょっとダメです。


去年メルカリで買ったマタギ風のベストの"えり"がどうも気に入らないのでほどいてみたところ、すごく丁度いいマフラーになることに気がつきました。


バッグにも引っかけられて持ち歩きも便利です。

(私の服から糸が出てますね笑)



本体ではなく"えり"の方が活躍する、という意外な結果に。



妹に見せたら「コンパクトすぎて着けているのに気がつかない」とのことでした。



Comments


bottom of page