news
News お知らせ・コラム

季節の変わり目の生理には



こんにちは。竹中です。


姪にサボテンの貯金箱を作ってもらいました。




今日は、偶然にも複数の生徒さんから「生理痛が酷いので休む」という連絡がありまして、



普段はそんな報告をあまり受けませんから、

(そもそも報告義務もないし)きっとだいぶ辛いのだろうと、お見舞いのメッセージとともにいくつかアドバイスを送りました。



せっかくですので、みなさんの参考にもなればと思いシェアします。



この時期、実は体にとっては結構大変です。

 


夏の不摂生(冷飲冷食)のツケが回ってきたり、

昼夜の寒暖差、大気の乾燥、単に季節の変わり目、美味しいものがたくさんある、食欲の回復…



内的にも外的にも、体調を崩す要因が盛りだくさんです。



実は私も、今回の生理の前は口内炎が出て、舌がヒリヒリしたり、肌荒れ、唇の割れ…


口周りが酷い不調です。食べ過ぎか。


舌のヒリヒリは口内炎が治っても続いていて、梨の食べすぎじゃないかと妹に言われました。まだ良くならないので、そうかも。

口腔アレルギーかも。



その上、今回は長引く緊急事態宣言で、結構気持ちが疲れたり、ストレスが溜まりませんでしたか?



不調というのは、そんなに単純なものでなく、いくつも要因が重なっているところに、ストレスなどがとどめを刺し、それをきっかけに一気に噴き出すこともよくあると思います。



そうなるとなかなか治りにくいですし、本当に憂鬱です。


…とりあえず、私のアレルギー疑惑は置いといて、




病院に行くほどではないけれど、どうにもこうにも辛いのがPMSや生理痛ですよね。


「どこに居ればいいんだろ」という程、体の居心地が悪いことはありませんか?



私からのアドバイスは、


お腹が痛い時は、湯たんぽや小豆のチカラ、カイロなどで下腹部からみぞおちを温めるのがおすすめです。

場合によっては背中側を温めてもいいかも。



そして、白湯を一杯、ゆっくり飲んで胃を温めるのも効果的です。



それから、みなさんはどんなナプキンを使っていますか?


だいたいの使い捨てナプキンは、肌に直接当たると吸収した経血を固めるポリマーで膣が冷えて結構な痛みを発します。



そこでこれ。



スクショしたからちょっと写真がデカくて、アレなんですけど、


これすごくいいですよ。


もしかして、もう使ってますか?



一見すると"股に挟んで使う"っていうおもしろグッズのようなんですが、


経血漏れも減るし、冷えないし、トイレに流せるし、衛生的で、カンタン楽チンいいことづくめ!


ってことで、これは絶対使った方がいい!って、私は断言したい。


おまけに、ドラッグストアで数百円と大変お手頃なのも嬉しいです。



とりあえず、痛いのは何とかしたいですよね。



ちょっとした重だるさなら、ヨガでもやったほうが体も心も軽くなりますが、



この頃の世の中は、私たちが思っている以上にストレスフルなのでしょう。


「私はまあ大丈夫かな〜」と思ってた私も、このごとくだし。



症状がいつどのように出てくるかは一人ひとり違いますが、



急性の病気で入院する人もいれば、白髪や抜け毛が増える人、私のようにアレルギーのような症状が出る人、めまいなどの不定愁訴が出る人…


病気の世界はなんてバラエティーに富んでいるのだろうか、と思わずにはいられませんね。。。ため息がでます。



爽やかな季節ではありますが、

体にとっては少し大変な季節でもあります。



重陽の節供ももうすぐですし、

そのあとはすぐ、秋の土用入りです。



お節供や土用は体調を崩しやすい時期という目安でもあるので、


有効に活用しながら次の季節に備えたいものですね⭐︎




私は目の休養と回復を目指して今から一週間、デジタルデトックスに入ります。


ということで、また7日後に!



皆さまもどうぞご自愛くださいませ。


Focus,Breath,Relax

DARSANAYOGA

​