top of page
news
News お知らせ・コラム

器用貧乏。





こんにちは。竹中です。



身の回り品、刷新中です。


ずっと欲しかったけど買ってなかったもの。 


ハンモックに、(軽くて移動がラク!)


扇風機。(カモメの鳴き声がするし軽い!)


そして、ちょっと変わったTシャツ。





さて、



私は子供の頃からよく「あゆみちゃんは器用だねー。」と言われてきました。



褒められているのだと思って大きくなりましたが、



30歳近くなった頃、今度は複数の人に「器用貧乏だ」と言われました。




響きの良くないその言葉に嫌悪感を覚えて、私は好きなこと、興味があること、得意なことを仕事に関連するものだけに絞りました。



そうすれば私も何か達成できるかもしれない、と思ったから。






でも、最近私は気が付きました。



達成したいこととか、特にない。


ないのよ、コレが。




それに、そのやり方って私に合ってない。(今さら。)





たとえば料理をするとき、



小麦粉と水があったら何を作りますか?


小麦粉と水と卵があったら?


卵1コだけあったら?


卵が100コあったら?


薄力粉ではなく、強力粉だったら?


小麦粉はなくて、米だったら?




コレって、人にも共通するなあ…と思うのです。


 


一つの材料を大量に持っている人、


数種類を大量、または少量持っている人、


調味料しか持ってなくても、材料を自在に借りられる人、




…多分、私はいろんな材料を少しずつ持っているタイプ。



「器用貧乏」な私は、いろんな材料を持っているけど、少しずつなのでたくさんは作れない。大きなものも作れない。





それなのに、


たくさん作らなきゃ、大きく作らなきゃ、とこれまで不毛にも頑張っていたんだな、って。




みんなが同じやり方で上手くいくわけじゃないし、同じにする必要もないんですよね。





そんなとき、


「器用貧乏」というのは、物事のほんの一側面からの見方で、いいことがいっぱいあるんだよ、と母親世代の人たちから教わりました。



ちょっとなにかやりたい、ってときに一人でサクッとできるとか、


いろんなものに興味を持ったりチャレンジできることとか、


アイデアが豊富で引き出しが多いこととか…、



生活の中に潤いを与える要素がたくさんあるのだそう。



そういうのを「ゆとり」っていうのよ、と言ってくれた方もいました。



「ゆとり」は、私のここのところのテーマでもあったので、そんなふうに言ってもらえたのはとても嬉しいことでした。





ただ、


それは私が「私らしくいたい」と思ってはじめて、周りも肯定的に感じるものだと思うのです。




憧れの誰かみたいになろうとか、こういう風に人から見られたいとか、ライバルを超えたいとか、そういう動機ではなかなか上手くいきません。少なくとも私は上手くいく感じはしなかった。




本当に居心地いい自分を「これじゃダメ」と自分で否定して他のなにかになりたがっていたら、いつまでも「本当の自分ではダメ」なままなので、もちろん周りからも認めてはもらえないでしょう。





小麦粉と卵とミルクがあったら、クッキーを作りたい。


でも、小麦粉と水しかなかったら、うどんを作った方がいいかも。




すでに持っているものの最高を引き出してこそ素材が輝くなんて、そんな当たり前のことを全然わかってない。



そんな10年を過ごしてきた私ですが、とうとう気が付きました。




問題は何かができないことや手に入らないことではなくて、自分らしい自分に気が付かなかったり、無意識に拒否していることなのかもしれません。




そんな事を考えて、ハンモックに揺られているところです。




皆さまもよき夏至の日々を⭐︎


たまに席替え。


コメント


bottom of page