news
News お知らせ・コラム

これならいくらでも食べられる



こんにちは。竹中です。



あまり好きではない食材でも、

これならいくらでも食べられる調理法ってありませんか?



私は、


ゴーヤだったらカレー粉揚げ、

菊の花ならポン酢和え、

酢の物は辣白菜(ラーパーツァイ)、


といった具合です。




それで今日は、


これからの季節、"大量消費"という壁にぶつかりやすい白菜のおいしいレシピをご紹介します。



⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎


「辣白菜」(ラーパーツァイ)


A

・白菜 1/4株

・にんじん 1/2本

・しょうが 1片

・塩 大1/2


B

・ごま油 大2

・甘酒 大2

・酢 大2

・花椒(ホワジャオ) 小1



① Aの野菜を細切りにして塩で揉み、しばらくしたら水を絞って耐熱ボウルに入れてスタンバイ。



② 小鍋にBを入れ火にかけ、沸くくらいに熱する。



③ 熱いうちに②を①に回しかけ全体に馴染ませる。


⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎




一晩置くと味が浸みてさらにさらにおいしくなりますよ♪


これだけあれば、

ご飯が…キムチレベルで進みます。



どれくらいもつかって?

…いつも考える前になくなっちゃうのでわかりません。



何回も失敗しながらだんだん上手く作れるようになってきました。



私は酢の物が苦手なのですが、

この作り方は火にかけるためかとてもまろやかな風味になります。



花椒の香りがちょっとオシャレな感じで、おもてなしにも良さそうです。



冬は火を通すお料理が多くなり、時々さっぱりしたものが食べたくなりますよね。



塩、しょうが、花椒、そして砂糖の代わりに麹の甘酒を使っているので冷えも防げます。




…そんな時。


YouTubeチャンネル「1人前食堂」で、バインミーを作っていたのですが、



ねー、これラーパーツァイはさんでもイイんじゃない?ってことで、早速バゲット買ってきました。


お昼ご飯にピッタリ。


途中で気付いて、山芋ステーキもはさみました。



食べかけでスイマセン。おいしいですヨ。



晩秋のピクニックなど、よかったらお試しくださいね⭐︎


それでは、良き週末をお過ごしくださいませ〜






Focus,Breath,Relax

DARSANAYOGA

​